茨城県 地酒専門店 ~心に響く酒をあなたに~
DSCF1873.jpg
取手の地酒や 中村酒店

茨城県取手市戸頭3-33-13 【地図】
℡ 0297-78-2033
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
↑ランキング参加中 ポチッとお応援お願い致します。
福井県の黒龍酒造さんへお邪魔してきました~!
   DSCF2098.jpg


 福井県の銘酒といえば「黒龍」、今や酒好きならば一度は耳にしたことが

あるのではないでしょうか?

 店主も初めて「黒龍」を飲んだ時、「いつかこんな美味しいお酒を扱える

ようになりたい・・・。」と思うくらい衝撃を受けたものです。

 ご縁があって、お付き合いいただけるようになってから4年、当店の看板

銘柄として、お客様からも絶大な人気を集める黒龍酒造さんに、改めてご

挨拶に伺いました。

 朝早く起きて(これが一番ツライ・・)、新幹線で米原へ、更に特急しらさぎ

に乗り換え一路福井へ・・・。家を出てから5時間余をかけて到着です。

DSCF2099.jpg

(今回も飛行機を使わなかった・・。

 次の日(4月7日)が甑倒しというお忙しい中、企画営業部の藪下さんが

蔵内をご案内下さいました。

 醸造蔵は、永平寺町(旧松岡町)の市街地にあり、平成6年に完成した

「龍翔蔵」です。丁度最後の洗米や蒸しが行われており、畑山杜氏とも

お会いすることができました。造りの終盤とはいえ、蔵人さんの真剣な

まなざしから、ピンと張り詰めた緊張感が伝わってきます。きれいに

片付けられた様子からも、一本筋の通った黒龍さんのこだわりが感じ

られるほど・・・

 そして何といっても麹室がすごい!!目指すお酒の酒質毎に麹造りを

するために、9つの麹室に分かれていて迷ってしまいそう!

 酵母へのこだわりも半端ではなく、数十種の酵母が-85℃の超氷温

室で冷凍保存され、酒質に合った純粋で健全な自社酵母を培養している

そうです。

 造りの時期にお邪魔したのは初めてだったので、タンク内で発酵中の

醪(もろみ)も見せていただくと、とても上品な吟醸香が微かに立ち上って

いました。「これがあの美味しいお酒になるんだな~。」ととても感動して

しまいました。やっぱり百聞は一見に如かずですね!

 造りの様子を実際に拝見させていただき、工程やお蔵元さんのこだわり

や酒造りへの想いを伺うことができ、大変勉強になりました。

 蔵の中で飲ませていただいた仕込み水(九頭竜川の伏流水です。)は、
 
とても軽やかで柔らかな名水で、タンクの中にセルリアンブルーの耀きを

放っていました。その後に出来たばかりのしぼりたてを口に含ませてもら

うと、水の旨味の中に、米由来の旨味が融合してえもいわれぬ味わいの

液体が喉をスルリと流れ落ちてゆきます・・・。

 このお酒が生まれるまで、お米つくりから考えたらどれだけの時間、

手間、工夫、想いがかけられているのだろう・・・

 酒屋として、お酒の中にあるものがたりを、お客様にお伝えしてゆける

よう、精進したいと思います。

 長くなりすぎてしまいました。この続きはまた次回に・・・・。







にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
↑ランキング参加中 ポチッとお応援お願い致します。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://nakamurasaketen.blog7.fc2.com/tb.php/49-ea8d49ae
« 2017-11 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

取手の地酒や 中村酒店

Author:取手の地酒や 中村酒店
地酒専門店
茨城県取手市戸頭3-33-13
【地図】
0297-78-2033
営業時間 9時30分~21時
定休日 月曜日

ブログランキングに参加中

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

↑バナーを押して、応援よろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。