茨城県 地酒専門店 ~心に響く酒をあなたに~
DSCF1873.jpg
取手の地酒や 中村酒店

茨城県取手市戸頭3-33-13 【地図】
℡ 0297-78-2033
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
↑ランキング参加中 ポチッとお応援お願い致します。
連休のおしらせ
 うう、事務連絡のようなブログになってしまっていることを

深くお詫びいたします。

8月29日(月)~8月30日(火)の
2日間は、連休とさせていただき
ます。



 8月31日(水)より、通常営業となります。

 休み明けには心機一転、ブログ更新を少しでも進めることを

誓います。

 「お酒を楽しむ会」のことや「秋のひやおろし」のことなど

お知らせしたいこともいっぱいあります。

 どうぞよろしくお願いいたします。


サボリ魔の店主より。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
↑ランキング参加中 ポチッとお応援お願い致します。
スポンサーサイト
8月26日は短縮営業となります!
 なかなか続きが更新できず、大変申し訳ございません。

ここのところ何だかいろいろ忙しく、更新できないままでおります。


取り急ぎお知らせです。


8月26日(金)は、利き酒勉強会参加の

ため営業時間が短くなります。


午前9時30分~午後6時までと
なります。


当日配達のご注文は、午後3時までにお願い
いたします。



勝手を申しまして心苦しいのですが、おいしい日本酒をもっと知るために

欠かせない勉強会ですので、お許しください。

 よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
↑ランキング参加中 ポチッとお応援お願い致します。
秋田に行ってきました~。(ゆきの美人の蔵元訪問編)
 タクシーを降りるとそこは、ヴェレーザ登町というかなり大きい

高級マンション・・・。


????


 知らずに来たら「どこに酒蔵があんだっぺ?」(by茨城弁)

と思うでしょう。知っていたとはいえ、実際に降り立つとやっぱり面食らい

ますよ。

 入口はどこかいな?と右往左往していると、あ、ありました、大通りから

横道に入ってすぐのところに秋田醸造株式会社の看板を発見!

このマンションの1階が酒蔵になっているのです。


 ここが今人気急上昇中の 「ゆきの美人」

醸造元か~!う~ん、噂には聞いていたけれど、なんかすごいです。

酒蔵らしい雰囲気は微塵もありません。規模は全然違いますが、地酒に

取り組み始めた頃に行った新潟の某有名蔵以来見た、現代建築酒蔵

です。

(長野の「澤の花」も仕込み蔵は新築ですが、昔の建物も残っていて

酒蔵らしい雰囲気は充分ありましたので。)


 蔵元の小林社長と営業の佐藤さんが迎えてくださいました。

地震の時の話などをひとしきりした後、早速蔵内を見学させていただく

ことに…。どんなふうになっているのか、興味津々です。






 事務室のすぐ隣がもう仕込み蔵です。ちょうど瓶火入れ作業の真っ

最中でした。瓶火入れとはお酒を瓶詰めした後に、瓶ごとお燗する

ようにお湯で加熱して酵母の働きを止める作業で、大変な手間と破瓶を

防ぐ注意を要する重労働です。

 秋田醸造さんでは、空気との接触が最小限で済み、新鮮な香味の保持

に有利な瓶火入れ、瓶貯蔵(これをするには大きな冷蔵室が必要)を

全量行っています。

 そしてこれが酒米を蒸す甑。こういう甑は初めて見ました。小さめ

ですが良い蒸米ができます。





 次に酒蔵の中枢ともいうべき麹室へ。きれいに整理整頓され、とても

清潔です。手前が床、奥に積んであるのは麹蓋です。なんと大変手間の

かかる麹蓋での製麹をやっているのです!




 そして壁には分析表が…。最新鋭の完全空調設備の蔵であるがゆえに、

夏季にも仕込むため、全て分析にかけてきちんとしたデータ管理が大切

なんだそうですよ。杜氏を兼ねる小林社長の酒造りに対するあくなき

こだわりが感じられます。整った設備といい、機械工学を専攻されて

いた小林社長らしさが垣間見えますね。


 酒母室も完全空調されており、当然のように仕込みタンクの全てが

温度管理の出来るサーマルタンク。タンクには転落防止柵が取り付けら

れ、作業の安全性にもしっかり配慮されています。(もろみの入った

タンクに落ちたらまず助からない、危険なところでもあるんですよ。)




 そしてしぼり終えたお酒は瓶詰めされて、冷蔵室で静かに貯蔵され、

出荷されていきます。

 
 生産量が約200石と少量生産に徹し、小さくとも品質の良い酒造り

に邁進している秋田醸造さん。

 完全空調でこれだけ設備の整った酒蔵はそうはないと思います。小規模

蔵の特性を生かして、良い酒を造るために必要な手作業をきちっとこなし

つつ、最新鋭の設備を導入するという、まさに現代の酒蔵の最先端をいって

いるなぁ~と感じ入ってしまいました。視察に訪れる酒蔵が多いというのも

頷けます。

 いや~来てビックリ、聞いてびっくり、見てビックリ、百聞は一見に

如かずですわ、ホント、秋田まで来た甲斐がありました。


若々しくて張りのある、まさに美人酒の

 「ゆきの美人」!

これからますます楽しみなお酒です。 


 見学を終えたあと、秋以降に発売予定のオール愛山仕込みの純米吟醸を

一足先に味見させていただきました。(これぞ酒屋の特権!!)

うわぁ~ いやぁ~ まろやか~ ちょ~おいしい~

発売が楽しみです。


 そしてお昼に「稲庭うどん」に「比内鶏」と秋田グルメを堪能したあとは、

川を挟んですぐ近くの新政酒造さんへと、小林社長がご案内してください

ました。

 注目を集める秋田の若手酒造家集団「NEXT5」のびっくり箱、新政酒造

さんの蔵に着くと、あれっ!?・・・。

(新政酒造さんの蔵見学編につづく)  ひっぱるなぁ~。

 
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
↑ランキング参加中 ポチッとお応援お願い致します。
秋田に行ってきました~!(出発編)
 7月25日の月曜日に秋田の酒蔵を2蔵、お邪魔させていただきました。

秋田市内にある「ゆきの美人」の蔵元、秋田醸造㈱さんと、すぐ近くの

新政酒造㈱さんです。

 どちらも今や秋田の酒造界を引っ張る注目の蔵元さん。「NEXT5」

(ネクストファイブ)として若手酒造家5人(ゆきの美人・新政・一白

水成・白瀑・春霞)が集まって様々な活動を広げ、注目を集めています。

全国でも有数の美酒王国として名高い秋田県にあって、特にアツい造り

手のお二人にお会いできるのがとっても楽しみでした。


 いつもなら県外の酒蔵訪問は、酒も呑めて安全確実な鉄道を使うの

ですが、さすがに秋田は遠く、時間の都合上飛行機を利用せざるを得ず、

午前3時40分に起床!直後に地震が…。

幸い羽田空港まで電車・モノレールともに遅延もなく、約10年ぶりに

羽田空港へ…。あまりの変貌ぶり(当時は国際線はおろか、第2ターミ

ナルもなかったような…。)に戸惑いながらも、下調べの甲斐あって

ターミナルを間違えることもなく無事、7:25発のJAL1261便秋田行

に搭乗。

 眼下に見えるアクアライン、幕張メッセ、そして取手・守谷の町並みが…。


  ♪ラララ ミステリィ~ ワタシを呼ぶの~ 酒はミステリィ~♪

  ♪不思議なち~から~で~♪と、飛行機の乗ると「北ウィング」が唄い

たくなるのは何でなんでしょうね・・・。(えっ、ならない?)

 でもさすがに飛行機は速い!1時間余りで秋田空港に到着~!

そっからリムジンバスとタクシーを乗り継いで、ようやくたどり着いたのが

あの銘酒「ゆきの美人」を醸す秋田醸造さんの蔵。

「ここですよ。」とタクシーの運転手さんに促されて車を降りると、

そこには・・・。

(酒蔵訪問編につづく~。)


 




 
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
↑ランキング参加中 ポチッとお応援お願い致します。
« 2011-08 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

取手の地酒や 中村酒店

Author:取手の地酒や 中村酒店
地酒専門店
茨城県取手市戸頭3-33-13
【地図】
0297-78-2033
営業時間 9時30分~21時
定休日 月曜日

ブログランキングに参加中

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

↑バナーを押して、応援よろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。